東セラトップページ タジン鍋 セランドグラスシリーズ 有田焼おひつ コーヒーグッズ
RSS

おいしいコーヒーのいれ方

朝の目覚めの1杯にコーヒーを飲んでいるという方は多くいますよね。

どうせ飲むなら美味しいコーヒーを飲みたいと思いませんか?

ここでは、おいしいコーヒーのいれ方を紹介していきたいと思います。

  • まず始めに新鮮な水をコーヒーケトルに入れて沸かします。

    コーヒーケトルがない場合は、普通のやかんでも構いませんが、よりおいしくいれたいのなら、先の細いコーヒーケトルを使うようにしましょう。

    沸騰したら火を止め、そのまま置いておきます。

    コーヒーを抽出するお湯は、沸騰直後のものよりも90〜95度くらいの方が適しているらしく、放置することで少し温度を下げます。

    コーヒーフィルターは、サイドと底の部分を交互に折り返します。

    こうすることで、コーヒーフィルターがドリッパーにしっかりと密着し、コーヒーが適度な時間をかけて抽出されるのでおいしいコーヒーを入れることができます。



  • 次に、メジャースプーンで量った適切な量のコーヒー豆を挽きます。

    この時、電動グラインダーがあると大変便利です。

    挽いたコーヒーの粉をドリッパーにセットしたコーヒーフィルターの中に入れます。

    そして、コーヒーカップにお湯を入れて温めておきます。

    ここで使うのはコーヒーケトルで沸かしたお湯ではなく、ポットなどのお湯を使ってください。

    コーヒーケトルで沸かしたお湯はあくまでも、コーヒーをいれるのに使うものです。



  • 続いて、コーヒーケトルのお湯をコーヒーフィルターの中のコーヒー粉に少量かけます。

    全体にお湯が行きわたったら止め、そのまま30秒ほど蒸らします。

    蒸らしていくうちに、コーヒーの粉はもこもこっとふくらんでいき、いちばん大きくなったところで、いったんふくらみが止まります。

    お湯に勢いをつけてしまうとボコっと噴いてしまうし、逆に勢いが弱すぎるときれいに膨らんでくれないので、力加減が難しいところです。

    ふくらみが止まったら、残りのお湯をゆっくりと注いでいきます。

    中央から周辺へ、そしてまた中央へと「の」の字を書くようにお湯を回しながらかけます。

    下からコーヒーが落ち始めたら、お湯を注ぐのを止めてください。



  • コーヒー粉がある程度へこんだら、もういちどお湯を回しながらかけます。

    この時、コーヒーフィルターに直接お湯をかけないように注意してください。

    コーヒーは最後の最後まで全て出し切るのではなく、ドリッパーに若干残っているあたりで抽出を止めます。

    コーヒーカップを温めておいたお湯を捨てて、コーヒーを注いだらおいしいコーヒーのできあがりです。



  • 以上がおいしいコーヒーのいれ方です。

    少し面倒に感じるかもしれませんが、そのおいしさを味わえばその面倒さも気にならないと思いますよ。